顔汗をかかない女優やアナウンサーはどうやってるの?

顔汗をかかない女優やアナウンサーはどうやってるの?

 

顔汗をいつもかいてしまって、すぐにでも止めたいと思っているあなたには羨ましいと思える女優やアナウンサーの人たち、彼女たちは強いスポットライトや緊張した場面でも顔汗をかいてないですよね?あれってどうやって顔汗を止めているんでしょうか?
少し気温が割高だったり、体を動かすとすぐに顔汗をかいてしまう…っておジレンマのヒューマンは意外と多くいるものです。外見に汗が浮いていると、周りも気になりますし、女房の場合はおメークアップ乱調なども起き易くなってしまいます。汗のかきやすさは体質によって決まっている要所もあり、向上をするのは何だか難しいとされています。但し、テレビジョンの中の芸人やアナウンサー、そしてアクトレス君は、あんまり顔汗をかいていません。テレビジョン採集スタジオなどは、お決まり硬い明かりにさらされてあり、思い切り空調も大きい状況のはずです。テレビジョンの中の芸能人は、どのような方法で顔汗かかないようにしているのでしょうか。

 

じつは、テレビタレントやアクトレス君にも汗をかきやすい因習の自分はある、といわれています。テレビジョン採集の合間に、うちわで扇ぐなどして対策をしている、という話です。よくドラマやムービーの中で、アクトレス役の自分が付き人などにうちわで扇がせている状況などがありますが、これは汗を干す結果で、現実にも行われているそうです。

 

その他の目論みとして、アナウンサーなどは手立て押しによって、顔汗を防いでいるといわれています。鎖骨の下にある手立てを圧迫することで、半分近所発汗という体の反照を利用した方法です。半分近所発汗とは、体の内がプレスされると、その部分に汗をかきにくいシチュエーションとして、別の部位の発汗かさが増える、というものです。鎖骨の下を圧迫することで、首から上の汗を切り詰め、その分の汗をボディーで排出してある、ということなのです。

 

半分近所発汗の稼働は古くから知られており、例えばいつも白粉でおメークアップしている舞妓君もこの稼働を通じていたとされています。衣裳の帯で胸部を抑えることで、体躯の汗を抑制していたそうです。